更新情報

New & Blog

ギターを鳴らしたときに発生する周波数について~良い練習空間をつくるには「SHIZUKA Stillness Panel」

2019-04-19 ブログ

こんにちは、ソリューション事業部のHです。

もうすぐでゴールデンウィークが来ますね。今年は祝日が10連休あり、大型ゴールデンウィークの年です。皆さまは、この大型連休をどのように過ごすかお決まりですか?

私は久々にギターの練習をしたいと思っております。先日ギターの練習している際に、高音が部屋に響くなと感じたので、今回はギターの周波数について書きたいと思います。

ギターを鳴らした時の周波数について

周波数とは、1秒間に繰り返される波の数のことを言います。ギターのレギュラーチューニング(一般的なチューニング)時、1弦~6弦の開放弦(開放弦とは、弦楽器を演奏する際、指で弦を押さえずに音を出すことを言います。)の周波数は下記のようになります。

  • 6弦:82Hz
  • 5弦:110Hz
  • 4弦:147Hz
  • 3弦:196Hz
  • 2弦:247Hz
  • 1弦:330Hz

6弦から1弦と高くなっていくにつれ、音の周波数も上がっていきます。さらに、レギュラーチューニングで1番周波数が低い音と高い音は、どの程度の周波数になるか調べてみました。ちなみに、ギターの種類によって、弦を押さえるフレットの数は異なり、出すことができる音域が変わってきますので、今回はギターのフレット数を23フレットと仮定します。

まず1番周波数が低い音は、6弦の開放弦の82Hzです。そして、1番周波数が高い音は、1弦の23フレットを抑えて鳴らした時の音です。これが1245Hzになります。したがって、1番低い周波数の音と1番高い周波数の音では1163Hzも差があります。

同じ楽器から出す音にも関わらず、約15倍も周波数が違ってくるんですね。このように、ギターは弦を押さえる場所を変えることによって、異なった音階を付けて演奏するのですが、冒頭でも話した通り、ギターを室内で練習する時は最大で1245Hzの周波数が出るので、かなり高い音が室内に響いています。

より良い練習空間を作るには「SHIZUKA Stillness Panel」

室内でより良い練習空間を作るためには、弊社の音響向け吸音パネル「SHIZUKA Stillness Panel」をお部屋に設置するのがおすすめです。なぜなら、「SHIZUKA Stillness Panel」は中高音から高音までほぼ一律に吸音するので、不安だった1245Hzの高い音も、難なく吸音してくれるからです。これで近所を気にせず練習することが可能です。

いかがでしたでしょうか。弊社では工場や機械の騒音問題の他にも、様々な音に関する悩みを解決に導きます。
何かお悩みなことがありましたら、ご気軽にお問い合わせ下さいませ。あなたのお悩みに合わせた改善策をご提案致します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。