更新情報

New & Blog

赤ちゃんの泣き声と周波数の関係~ヒトが最も反応しやすい周波数とは?

2019-04-09 ブログ

こんにちは!ソリューション事業部のTです!

4月は周りの環境や気持ちが変化しやすい時期ですよね。今までの環境から新しい環境に身を置いたり、気持ちが変わって新しいことに挑戦される方も多いと思います。私は今、電車やバスで通勤しているのですが、慣れない電車やバスでの通勤は思った以上に大変で、改めて日本の社会人の強さを知りました。

電車に乗っていると、たまに泣いている赤ちゃんを見かけることがあります。遠くに離れていても、イヤホンで音楽を聞いていても泣き声が聞こえたりしますよね。赤ちゃんの泣き声が苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、私は「どうして泣いているのかな?」、「大丈夫かな?」と心配になってしまいます。赤ちゃんの泣き声はなぜ、周りに響いてしまうのでしょうか?

今日は、赤ちゃんの泣き声が聞こえやすい理由についてのお話です。

赤ちゃんの泣き声が聞こえやすい理由

赤ちゃんの泣き声が響きやすい理由は、赤ちゃんの泣き声の周波数がヒトが最も反応しやすい周波数になっているからなのです。

人間の可聴帯域は20Hz~20,000Hzと言われていて、その中でヒトが最も反応しやすいのが、2000Hz~4000Hzです。日本人の一般的な話をする時の周波数は、男性500Hz、女性800Hz、赤ちゃんの声の周波数は200〜600Hzです。しかし、大声で泣いた時の声の周波数は2000Hz以上の高周波音が含まれています。

ヒトが最も反応しやすい周波数の声をだすことで、赤ちゃん助けを求めたりした時に自分の声が親に届きやすいようにこの高さで泣いているわけですね。周りの人も赤ちゃんの泣き声に本能で反応してしまうので、イヤホンをしていたり、電車内がうるさくても聞こえてしまうのです。

まだ立場の弱い赤ちゃんは、ヒトが反応しやすい周波数の声で泣いて周りの大人に助けてもらえるようにしているわけですね。

赤ちゃんの泣き声と人間の本能

赤ちゃんの泣き声を聞いてイライラしてしまうのはちゃんとした理由があったのです。ヒトは赤ちゃんの泣き声を聞いたあと、身体的パフォーマンスや反射速度が上昇します。これによって電車内で赤ちゃんの泣き声を聞いた際に、自分の意思とは関係なく警戒モードに入ってしまいます。これがフラストレーションの元になるのでイライラしてしまうそうです。

弊社の製品の一人静タイプAはこのような高周波音にも厚さ33mm、1平米あたり8kgという薄型・軽量なのにも関わらず高い効果を発揮することができます。それに加えてほかの防音材では吸音が難しい低周波まで吸音することができるので、低周波から高音域の幅広い音の低減をすることができます。