更新情報

New & Blog

防音対策についてご質問の多い「コンプレッサー」について

2018-08-23 ブログ

こんにちわ!ソリューション事業部②号です。また、日本列島に台風が来るということで、日本は毎年台風が来ますがこんなにいつも来ていたかと思っております。明日は問題なく出社できるよう願っております。

さて、今回のお話はお問合せにて、コンプレッサーの防音対策の質問が多いためコンプレッサーの説明をお話をしたいと思います。

 

コンプレッサーとは?

まず、皆様はコンプレッサーという言葉は聞いたことがありますでしょうか。私はなんとなく聞いたことがありましたが、どういったものかはわかりませんでしたので、自分なりに説明したのを記載致します。

「コンプレッサーとは、強い圧力をかけて気体を圧縮し送り出す装置のことで、圧縮機とも呼ばれます。用途により、圧縮する気体は空気や水素・窒素など様々あります。

圧縮したガスや空気は運びやすく、また動力を伝えることもできるため、産業界に欠かすことができないそうです。産業用電力の20~30%が圧縮空気を作るために使われるといわれています。

工場内で、あるいは建設現場で、コンプレッサーは活躍しています。」とのことで、工場で使われている機械でものづくりでは欠かせないものです。

 

工場でのコンプレッサー用途は?

なんとなく、コンプレッサーは工場で使われるとわかりましたが、どういった工具に使われているのかわからない方もいると思いますので説明したいと思います。

コンプレッサーで圧縮された空気の噴出力は、塗装や空圧工具に使われています。また、プレスや工作機械の動力としても欠かすことができません。また空気を送ることで燃焼を助けたり、液体を混ぜるのにも使われています。

空気を圧縮するときには熱が発生し、逆に空気が膨張するときには熱を奪います。この性質を利用して、コンプレッサーは加温や冷却にも一役買っております。

最後に

実はコンプレッサーは私たちの身近な所で使われており、エアコンや冷蔵庫の部品としても組み込まれているそうです。コンプレッサーがなかったら、暮らしていけなかったかもしれませんね。しかしながら、圧縮時に発生する音が近隣への迷惑にならないか気になったり、工場などの作業者にとっても煩わしさを感じることがあるようです。そういった防音対策として弊社の防音BOXに入れるだけで、音の低減が可能となりドライバー1本で組立解体ができます。ぜひ、気になった方は弊社のお問い合わせにてお待ちしております。

 

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す